404 motivation not found | t_ishidaのブログ

Archive for 12月 2010

NetBeansが遅くてどうにもならないので、
svnのよくあるブランチのBASEからマージする作業を自動化してみた。
これでvimdiffへの繋ぎ込みとか出来るようになれば、
大体大丈夫になるが。

#!/usr/bin/perl

##
## 環境設定
##
my $ROOT
  = 'http://svn-server.domain/path/to/branches';
my $SVN
   = 'svn';
my $LOG_COMMAND
   = "$SVN log --stop-on-copy --quiet";
my $MERGE_COMMAND
  = "$SVN merge ";

## 未実装
my $DIFF_COMMAND
   = "$SVN diff diff-cmd svndiff";

##
## ロジック
##
my ( $path, $dry_run ) = @ARGV;
$path or die 'ブランチ名の指定がありません' ;
my @log =
   map {  ($_) = $_ =~ /(\d+)/; }
     grep { $_=~/\S/ }
       split /^\s*-+$/m, `$LOG_COMMAND ${ROOT}/${path}`;

my $rev = pop @log;
$dry_run and $MERGE_COMMAND .= ' --dry-run ';
$MERGE_COMMAND .= "-r ${rev}:HEAD ${ROOT}/${path}";
print `$MERGE_COMMAND`;
Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

12月/10

5

Macの環境作りついて

能書き

会社のマシンがMacになったので環境を試行錯誤してきたので一旦まとめてメモ。SKKとvim以外は昔Mac使ってたのとあんまり変わってないような。今回はCarbon Emacsは敢えて入れてない。

MacVim

MacVimです。テキストエディタです。元々Emacs系統のテキストエディタを使っていた(主にxyzzy)のですがMacではxyzzyが真っ当には使えない訳なので、いっそ・・・という極端な方針転換をしてみた訳です。多くのEmacs使う人と同じようにviもそこそこ不便無く使えてたので余り戸惑いは無かったです。さて、このリンク先の香り屋版は日本語環境のオールインワンパッケージです。入れた瞬間から日本語を戸惑い無く使えるようになりmigemoとかも予め入っていて助かります。

AquaSKK

AquaSKKです。IMEですね。文節変換ではなくて変換対象の漢字の部分に着目して高速に変換することを目的としています。操作体系が特殊なので使う人を選ぶかも知れませんが慣れれば速く日本語入力できるようになってくるので試してみるのも良いかも知れません。

scplugin

WindowsでいうところのでTortoise SVNのようなもの。あれほど高機能ではないですがGUIでディレクトリの構成を見ながらチェックアウトしたりブランチ切ったりできるのは便利です。

DIFFMERGE

DIFFMERGE
あんまり使う機会が無かったからなんとも言えませんが入れたので列挙

iTerm

iTerm
Terminal.appより綺麗でタブ機能とブックマーク機能があるので沢山のサーバーに繋ぐ必要のある人にはお勧め

Evernote

説明不要ですね。Microsoft OneNoteより機能は弱いけどサーバー上にデータが保存されるので共有とかされて便利なヤツです。最近のOneNoteはサーバー上に保存されてて携帯とかでも見れるっぽいけど。

Quicksilver

Quicksilver
しょっちゅうは使わないけどまあまあ使うソフトを呼びだす時に便利なやつです。プラグイン入れて色々できるみたいですが使ってないです。プラグインで出来そうなことはvimから:!commandとかで出来そうだし、そこにPerlとか噛ませば大概のことは出来るので

FileZilla

FileZilla
Cyberduckが重過ぎて使いものにならなかったので、こっち入れた。編集したファイルのアップロードとかはvimからPerl実行してやってるので、あんまり使わない。

NetBeans

NetBeans
始めはソース書くのに使ってたけれど、恐らくMacのJavaVMが酷いためだと思うけど、あまりに重くて使いものにななかったのでvimを使いはじめたきっかけになったのです。今はSVNのマージに使ってるだけ。SVNのマージツールで良いものがあれば一切使わなくなるかも。やはり僕にIDEは向かないんだなーと思いました。ただIDE使うならば、これが良い。プロジェクトをスキャンしてますが、もっと短かければ使うメリットも多い。

OpenOffice.org

Excelとか開くのに使う。

Xcode

コンパイルするのに

Mac Ports

GNUなソフト入れるのに。遅いけど。/opt とか嫌だけど。

Opera

Mac版は酷いので入れただけ

Afficheur

Afficheurです。Wassrのクライアントですね。なかなか高機能で良い。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

Find it!

Theme Design by devolux.org

Tag Cloud