404 motivation not found | t_ishidaのブログ

CAT | iPhone日記

3月/10

18

最近のiPhone利用状況(1)

能書き

iPhone 3Gを利用し始めてからはや1年過ぎました。良いところ悪いところも大体慣れて利用スタンスも定着してきたところで、ちょっと書いてみようと思います。

利用方法の指針

Phoneの利用においては主にWebサービスとの連携が向いています。
また、以下の特性から

  • 電話であり常にインターネットに繋がっている
  • 常に身に付けている

これに向いていると思います

  • メモ管理
  • スケジュール管理
  • ちょっとしたWebブラウジング

僕は主にそういった方面のサービスでは以下を利用しています。

ちょっと蛇足

iPhoneは普通に使っていると、とにかくバッテリーが切れます。とりあえず自宅と職場で充電ケーブルを2本用意しておくのが良いでしょう。外回りの多い人は拡張バッテリの類も持ち歩いた方が良いかも知れません。

スケジュール管理方面

Remember the milk

仕事に関するTODOというのはガチで仕事をしている時に思い浮かぶものですが、それ以外のTODO(あ、あれやっとかなきゃ、あ、あれやっておきたい)というのは、ふとした瞬間に湧いて出たりするものです。そういったものをイチイチ覚えておくのは、脳みそにとって結構な負担になります。なので、とりあえずメモっておいて後で考えるというのが性に合っているようでRmember the milkというアプリケーションがとても便利です。それをiPhoneから使おうとした時iPhone用アプリは公式のアプリと、milpon というアプリの2つの選択肢があります。公式のアプリを利用しようとすると年間25ドルの寄付が必要です。これ自体は別に高くはないと思うのですが公式のアプリのsyncのタイミングとかがキモくてイマイチです。なので、去年寄付したにも関わらずmilpon を使っています。どちらを使うかは好みの問題だと思うので両方試してみて体に合った方を使うと良いと思います。

どちらを使うにせよ、主だった使い方は、

  1. とにかく思いついたらRTMに放り込んでおく
  2. PCの前に来たらタスクを分類して期限を設定しておく
  3. リマインダを設定しておいて後は無責任に忘れておく
  4. リマインダが来たらタスクを片付ける

だと思います。

Google Calendar

とりあえず時間割を決めてタスクに取り掛からないと手当たり次第にタスクに取り掛かってキリの無い作業をし勝ちになります。時間割を決める為に使います。個人的には時間割作成ツールとして一番好きだったのは、iCalなんですがWebでもiPhoneでも使えるiCalのようなモノという扱いでGoogle Calendarを使っています。iPhoneからGoogle Calendarを使うときには標準のカレンダーに同期設定をしてという方が多いようですが、個人的にはブラウザから使うのが良いと思っています。時間割りを作る時はPCの前に居る時にしてiPhoneから編集する事は考えない方が良いと思います。iPhoneからタスクを突っ込む時にはRemember the milkを利用してPCの前に来たらRmember the milkを見ながら時間割を作るイメージで。

時間割についてすごい余談

時間割を作るときに以下を実践すると楽になるかも

  • タスクは2時間分割で考える
  • 朝一は軽い事に時間を使う
  • タスクとタスクの間は30分のインターバルを設ける
  • タスクが時間通りに終わって30分のインターバルが丸々使える時にはタスク整理、情報収集、次のタスクの準備時間に当てる
  • 時間割は前日のうちに作っておく

この辺りのことは、以下の本に詳しく書いてあるので読んでみてください。

メモ周りのこと

最近流行ってますねー、Evernote
ただ、メモってスピード勝負ですよね。
浮かんだら揮発してしまう前にメモらないとダメ。全然ダメ。

EvernoteのiPhoneアプリって頑張らないとメモれない作りになっているので、Evernoteのアプリはあくまで閲覧専用だと割り切って使っています。メモる時にはHayamemoを使っています。このメモアプリを使ってメモを書いたらEvernoteのインポート用のアドレスに向けてメール送信するという使い方。このアプリは有料アプリですが同じコンセプトでiPhone内にメモの残らないアプリも有ります。どちらが好みなのか・・・というので選ぶと良いと思います。

  1. iPhoneからは、何も考えずにとにかくメモを投稿
  2. PCの前に来たらメモを整備して整理して分類
  3. PCでもiPhoneでもいつでも見れるようにしておく

です。

さて一発で全部書いてしまおうと思ったのですが、結構長くなってしまったのでWebブラウジングについての項目を次回に回します。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

3月/09

31

iPhoneに純正Skype登場

iPhoneに純正Skype登場by Ittousai Mar 30th 2009 @ 11:15AM

うわさされていたSkype for iPhoneがApp Storeでダウンロード可能になりました。価格は無料。iPhoneおよびiPod touchの両方に対応します。iPod touchでは要マイク付きのヘッドセット。機能はPC版にほぼ準じて無料のSkype間通話、SkypeOutを使った一般電話への通話、チャットなど。ただし通話はWiFi接続時に限られる仕様です(が、とくに何も小細工をせずover 3Gで通話できてしまったという報告もあり)。チャットは3G経由でも可。チャットルームへの参加もできます。コンタクトリストは自動的にSkypeアカウントから取り込まれるほか、iPhone側からのインポートも可能。

引用元: iPhoneに純正Skype登場.

と言う訳で 早速試してみました。

電話回線で繋いでいる限りは通話は出来ない模様。 小細工なしで電話回線からSkypeに繋がった人は、どうやったんでしょうね?

とは言え、Skypeで喋ろうなんて言うのは長電話する前提でしょうから家や会社の昼休みなんかに無線LANで繋いで、ちょっと繋いでアホ話でもするなんて言うのは、楽しいでしょう。

ちなむとこれ(Sonyが昔出したSkype端末)を思い出しました。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

Wordpressで構築されたブログを、iPhoneから見た時に最適化してくれるプラグイン、WPtouchを入れました。っていうかこれめっちゃイイ。iPhoneをお持ちの方、試しに見てみてください。URLはいつものままでオッケーです。記事ごとに最適化された見た目になって、操作感もナイス。導入も簡単で、DLされた“wptouch”フォルダを、サーバ上の“/wp-content/plagins/”ディレクトリ内に放り込んで、管理画面からアクティベートするだけ。他に何もしなくてもこれだけで自分のブログをiPhone対応にできます。いやホント素晴らしい。

引用元: [WORDPRESS] iPhoneで見た時に最適化してくれる、WPtouchを入れてみた | Webデザイン, CSS, Javascript, Flash, ウェブサービス | mBlog.

と言う記事を偶然見かけたので早速導入してみた。 管理画面=>Plugin=>新規追加でiPhoneで検索すると出てきます。単にインストールして有効化するだけで、かなり快適に見れるようになります。自分のブログを見返したりする事も多いiPhoneユーザーでかつWordPressユーザーは導入して見ると良いかも?

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

結構知られていない入力方法のようなので、わかりやすいように動画を撮ってみた。

動画のようにスライドするだけで文字が入力できる。

スライドの方向も10分も使っていれば覚えるので、この入力方法がもっとも速く、フルキーボードよりもひとつひとつのボタンが大きいので、押し間違えもほぼなくなる。

ぜひ試してみてください。

引用元: iPhone Tips: 日本語を高速に入力する方法|MOBILE POWER feat. iPhone – livedoor Blog(ブログ).

昨日、文字入力がきついと言う記事を書いたが動画を見てみると、これなら多少、メール打つのも楽になるかも知れない。でも、まだ長文は無理かなー。

この入力方法には慣れておこうと思う。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

3月/09

19

iPhoneの活用法

能書き

大分、iPhoneに慣れてきたので、どんな感じで使っているのかと言うのをメモがてら記録しておこうと思います。

前提条件的にiPhone雑感

iPhoneは文字入力がきつい
まず、はじめにタッチパネルのキーボードは使いづらいです。とりあえずは慣れである程度カバーできます。が、それに慣れたとしても、例えばWebで文字を入力しようとすれば、ページの読み込みにパワーを使い過ぎて、予測変換がラグってちゃんと打つのが難しかったりします。また、予測変換も普通の日本製の携帯程賢くありませんので、長文を打つには結構な時間がかかります。とは言え、ある程度慣れてしまえば「普通の携帯メールを打つ」と言うレベルならば、そう厳しくはありませんので、文字入力は、その程度に留めるのが良いと考えます。
iPhoneはコピペが出来ない
コピペどころか、範囲選択で削除、カットも出来ません。上記理由と併せて、長文の編集は避けるようにしましょう。
iPhoneは閲覧が得意
スクロールも楽ちんだし、もっと細かく見たければズームイン・アウトも用意です。iPhoneに最適化されたサイトやアプリケーションならば、横幅・フォントサイズも合っているのでズームイン・アウトせずに、スクロールの楽ちんさも相まって、非常に快適なブラウジングが出来るでしょう。
iPhoneのSafariはPC用サイトを見るには辛い
辛いです。PCの大きなディスプレイに最適化されたサイトをiPhoneのサイズで見ようとすれば、もう、横幅でかいし、文字サイズも小さいし、ズームアップしていって、見れるサイズに最適化して、チクチク見ていく必要があります。
また、職人芸的に細かくinput要素やリンクを散りばめているような高機能なサイトでは、誤タップに苦しむでしょう。

使用スタンス

それを踏まえて考えると、

普通の携帯 + iPod + iPhoneの専用アプリのプラットフォーム

として結論しました。最後のプラットフォームについては、これは利用しているPC用Webサービスを外に持ち出す端末である。と言う意味も含めています。

使っているアプリケーション

Remember the milk

Remember the milkは、要約すると実にシンプルで、よく出来たTODOリストです。そもそもRemember the milkが素晴らしいのですがiPhoneアプリも実によく出来てます。PCで作業中に頭から、やらねばならぬ事を片っ端から追い出しつつ、ちょっとした空き時間にiPhoneで確認したり、ふと思い付いた時にiPhoneから受信箱に「やる事だけ」を放り込んでおいて、あとで、PCから分類したり優先度を振ったり期限を決めたり等の操作をする。と言うような連携をとっています。

Wasaezuri

WassrとはTwitterのようなマイクロブログです。WasaezuriはWassrクライアントですね。機能は実にシンプルで・・・と言うよりは、シンプル過ぎてタイムラインを眺めることとPOSTする事しか出来ず、特定の誰かのログを追ったり自分のログを眺めたりする事も出来ません。お昼ごはんの写真を撮ってWassrに投げるのに使ったり、ポロっとぼやいたりするのに使います。人のログを追うときにはSafariを使っています。可能な限りSafariを使わないで済むと良いなぁ・・・と、思っています。今、手元にMacが無いのですが、機会があれば自分でも作って見たいですね。

Evernote

Evernoteとは要約するとオンラインメモツールです。極端に高機能です。デスクトップ用クライアントもあり、音声や画像も保存できると言う至れり尽くせりのサービスです。これは主にPCからEvernoteを使って、メモや、後で読みたいものや、また読みたいもののWebクリップを作っておいて、空いた時間や移動中にiPhoneでチェックするのに使います。

Tumblr

Tumblrについては別エントリがあるので、そちらを参照して下さい。主に、Dashboardを眺めてReblogするのに使っています。

使わない事にしたアプリケーション

WordPress

これは実に惜しいところではあります。WordPressをiPhoneから書くと言うのはアイデア的に最高だったのですが、iPhoneで長文を書くのは、結構辛いので、ブログレベルの文章を書く事は諦めました。

FaceBook

これは本当は素晴らしかったのです。カメラで写真をとって、ステータスをその場でアップデートすると言う過程も実に快適でした。しかし、マイクロブログはメインでWassrを使ってしまっているためにFaceBookの出番はありませんでした。

結論

PCで主にWebアプリケーションを使って操作し、iPhoneは主に専用アプリケーションを利用したビューワーと細々とした入力及び写真投稿に使います。PCは持ち出せないがフルスペックに動かせる。iPhoneは入力が苦手だが閲覧に向いていると言う特性と、何より持ち出せると言うところを生かして利用するのが一番便利だと結論付けました。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

Find it!

Theme Design by devolux.org

Tag Cloud