404 motivation not found | t_ishidaのブログ

CAT | Magic3

今後開発予定のマイクロブログ機能です。特徴リアルタイム性ブログと掲示板の融合多目的にカスタマイズ可能不定期のイベント等で、イベントの目的や進行に合わせて利用できるマルチデバイス対応デバイスに関係なく投稿、閲覧が可能初期リリースではPC,携帯に対応基本はユーザ登録制であるが、時間指定でオープン化自由投稿可能他のMagic3サイトとのマイクロブログ機能の連携ウィジェット-イベントナウ?利用例社内限定マイクロブログイベント時のリアルな状況表示店舗ページに投稿される顧客メッセージ関連ページ実装目標とリリース予定33d

引用元: Magic3 – 日本発の先進的オープンソースCMS – ウィジェット-マイクロブログ.

Magic3にマイクロブログウイジェットを付けるらしいです。どの程度の規模を想定していて、どの程度の負荷対策をするつもりなのかとか気になるところですが、期待していきましょう。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

2月/09

19

Magic3インストール障害

ニコ動で働こう | CMS 『Magic3』が動かなかったを見て気付きました。

自称CMSマニアです。
前投稿「日本発のCMS 『Magic3』のマニュアル本」で紹介した『Magic3』を安直に
WindowsPC上に構築可能な統合Webサーバソフト XAMPP と共に
インストールしてみましたが動きませんでした。

大切な事なので二度言います。
Magic3を最新のWindowsのXAMPP(1.70)にインストールしようとするとApacheごと死んでインストール出来ません。
Magic3を最新のWindowsのXAMPP(1.70)にインストールしようとするとApacheごと死んでインストール出来ません。

解説本ではWindowsのXAMPP上にインストールする前提で書いておりますが、本の手順では試せない状況です。申し訳ありません。恐らくは、運用環境としては好ましくないと思いますが、試すだけならばSourceForgeから旧バージョンをダウンロードして試す事は出来ます。

参考
Magic3 Wiki

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

筆者が3日遅れで紹介とか、どんだけノンビリしてるんだと?
と言う分けで発売されました。

目次

Part1 Magic3の概要とインストール
Chapter01 Magic3の概要
Chapter02 インストール前の環境構築
Chapter03 Magic3の入手とインストール

Part2 Magic3を使ってみよう
Chapter04 Magic3の管理画面
Chapter05 ページ・ウィジェットを追加する
Chapter06 ぺージを構築する
Chapter07 ページのデザインを変更する(1)
Chapter08 ページのデザインを変更する(2)
Chapter09 ユーザーを管理する
Chapter10 簡単なページを作ってみよう

Part3 Eコマースサイトを作成する
Chapter11 Eコマースサイトを作ってみよう
Chapter12 Eコマースサイト作成前の準備
Chapter13 Eコマースウィジェット
Chapter14 Eコマースサイトの動作確認
Chapter15 ブログウィジェット

Part4 Wikiウィジェットを用いたサイト
Chapter16 Wikiとは
Chapter17 トップページを作成する
Chapter18 各ページを作成する

Part5 知っておきたい運用テクニック
Chapter19 データベースのバックアップ
Chapter20 定期バックアップを自動化する
Chapter21 サーバー移行

Part6 Magic3リファレンス
Chapter22 組込みウィジェットリファレンス
Chapter23 組込みテンプレート一覧

Appendix FCKeditor操作ガイド

作りとしては、余計な事はなるべく省き、手順書とチュートリアルに徹すると言うことを目指しました。その目的自体は実現出来ていると思います。反面、詳しく知りたいと言う目的の方には物足りないものになっているかも知れません(既にAmazonに書かれているレビューにもありました)。とは言え、Magic3を操作すると言う目的においては網羅できているつもりなのでMagic3を触ってみたいと言う方にとっては(編集の方の甚大なご協力のおかげで)良い入門書になっていると思います。これの先の内容については、折に触れて、このブログで触れていこうと思います。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

状況としては第2校正後、「はじめに、本書の構成、著者プロフィール」を入れて、さらに見直して修正依頼を入れたところです。正直なところ時間が取れなかったり、僕の不慣れで、編集の方には非常にご迷惑をおかけしたのではないか?と、思っています。しかし、編集の方のご助力もありまして、やっと終りが見えてきました。

Magic3は、僕の前職の先輩である魚骨氏の開発しているCMSです。「管理画面のデザインが野暮ったい」「機能配置が洗練されていない」など荒削りな部分は多分にあると思います。反面、操作性には非常に気が配られていたりと、やはりバランスが荒削りな訳ですが。しかし、非常に可能性を持ったソフトウェアです。今後の開発で機能配置やデザインなどを洗練する事が出来れば、もっと一般の方にも受け入れられるソフトウェアにもなるのではないかと思っています。

来年は、もっとMagic3に割く時間を増やしてみようと考えています。僕の思うところのMagic3の修正すべき場所としては以下です。この辺りを中心に協力していけたらと思います。

  • 公式サイトのデザイン
  • 管理画面のデザイン
  • 機能配置
  • 体系立てたテスト
  • ナビゲーションページ用ウイジェット
  • 小レベルナビゲーション用ウイジェット
  • デフォルトコンテンツの全文検索用ウイジェット
  • ウイジェットが扱うデータを跨ったコンテンツ検索

僕自身はデザインセンスもWeb情報アーキテクチャもイマイチな人間ですが、もし、その辺りに明るい方が居れば、ご協願えたら・・・と思います。

CMSとしての使い方は解説本で散々書きましたので、そちらの使い方を学びたい方は、本の方をお勧めします。こちらのブログではプログラマ向けのMagic3の使い方について触れていこうと思っています。

参考

プロジェクトのWeb

公式Wiki

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

Find it!

Theme Design by devolux.org

Tag Cloud