404 motivation not found | t_ishidaのブログ

CAT | CMS

今後開発予定のマイクロブログ機能です。特徴リアルタイム性ブログと掲示板の融合多目的にカスタマイズ可能不定期のイベント等で、イベントの目的や進行に合わせて利用できるマルチデバイス対応デバイスに関係なく投稿、閲覧が可能初期リリースではPC,携帯に対応基本はユーザ登録制であるが、時間指定でオープン化自由投稿可能他のMagic3サイトとのマイクロブログ機能の連携ウィジェット-イベントナウ?利用例社内限定マイクロブログイベント時のリアルな状況表示店舗ページに投稿される顧客メッセージ関連ページ実装目標とリリース予定33d

引用元: Magic3 – 日本発の先進的オープンソースCMS – ウィジェット-マイクロブログ.

Magic3にマイクロブログウイジェットを付けるらしいです。どの程度の規模を想定していて、どの程度の負荷対策をするつもりなのかとか気になるところですが、期待していきましょう。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

4月/09

12

Word Camp基調講演以外

m( _ _)m

午前中のセッションについては、ノートを紛失したので細かい話がかけません。

開発会社から見たWordPressのいいところ

柏岡 秀男さんによるセッション。とりあえず、PHPで作っているので直し放題、プラグインで挙動変え放題、構成が単純なのでテンプレートを構築しやすい、WordPress Love。と言う話。とても主観的な話でしたが、熱くて良かったです。

日本語環境に必要なもの

tenpuraさんによる日本語環境の話。WordPressはUTF8で作っているから、普通に日本語のブロギングが出来ますが、PingBack, TrackBackとかで、EUCで送ってくるブログとかあるので、その辺で問題になるから、wp-mutlibyte-patchが必要だよ。と言う話。いつもお世話になっています。

Katai Styleによる携帯対応

講師
池田 百合子さん
  • 日本における携帯によるWebアクセス数はPCと同等(石田は、この話は、恐らくPVレベルの話でありUUであれば、携帯ユーザーの方が多いだろうし、特定サイトにおける一人当たりPVであれば、携帯ユーザーの方が多いかも知れないと考えている)
  • 携帯用検索エンジンの表示順は、公式 =>一般携帯サイト => 普通の検索結果の順である
  • Ktai Styleを使っていると、自分のブログが、携帯用検索エンジンが携帯サイトとして 引っ掛けてくれる
  • 携帯は操作性悪くなるから、リンクによるナビゲーションは避けるように
  • 自分のためにも、ユーザーのためにも導入しよう

と言う話。知ってはいても、他の人が真面目に語ると、携帯用検索エンジンの話は、サイトの価値云々以前の一つ外側のソート軸があるあたり暴力的な検索結果の表示順なのだなぁ・・・・と言う実感が湧いてきたりしました。

20分で見るプラグインの作り方

講師
田中広将さん
  • ヘッダコメントが大事(無いとプラグインとしてロードされない)
  • add_filterでフックポイントを登録
  • フィルターのイベントハンドラの引数に値が入ってくるので、編集して返却値として返せば、その値が採用される

と言う話を実演交えながら話してくれました。知ってはいても改めて実演で見ると、やはり簡単だな、作ってみようかな?となるから不思議。でも、WordPressについて言えば、不便と感じることは、作る前にググッた方が早かったりするもので。

ショートコード活用術

講師
水野史土さん
  • ショートコードとは何か?
  • ショートコードの作り方(add_shortcode)

と言う話を、Googleのサービスを使ってQRコードを表示するショートコードを作る過程を実演しながら見せてくれました。

まとめ

新しい情報と言うのは、そう多く触れられた訳ではありませんでしたが、企業サイトの構築やら、携帯サービスを作る土台として、WordPressを使っている人が想いの他多くてびっくりしました。
日頃WordPressを使っていて、プラグインの一つでも作ってみようとか思っていても、ぶっちゃけ、検索すれば、不便なところとか解消するプラグインがいくらでも見つかってしまうし、WordPressに何も返せていないなぁとか思っていましたが、日本語ドキュメントが不足しているとか、色々、まだまだやるべき事は有るのだなぁ。とか。

色々。

追伸

懇親会も出て、他の勉強会の懇親会とかと違って、実に柔らかい場所だなぁ、雰囲気違うなぁなんてぼんやりと考えていました。そういえば、百式の中の人が、うちの会社の社長と知り合いと聞いてびっくりしました。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

4月/09

12

wordcamp来てるよ!!

と言うわけで、取り敢えず会場の様子を速報。

これから、mattの質疑応答タイム。基調講演でのキーワードは、budypress、p2。

追記

BuddyPress

公式サイト

BuddyPress will extend WordPress MU and bring social networking features to a new or existing installation.

と言う事で、WordPress MUにSNS機能を追加するプラグインのようです。

P2
説明ブログ?

Prologue broke ground when it brought microblogging to WordPress.com. Now it’s cooler, faster, sleeker, and ready for 2009 and beyond

WordPress.comにマイクロブログの機能を追加するテーマらしいです。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

Wordpressで構築されたブログを、iPhoneから見た時に最適化してくれるプラグイン、WPtouchを入れました。っていうかこれめっちゃイイ。iPhoneをお持ちの方、試しに見てみてください。URLはいつものままでオッケーです。記事ごとに最適化された見た目になって、操作感もナイス。導入も簡単で、DLされた“wptouch”フォルダを、サーバ上の“/wp-content/plagins/”ディレクトリ内に放り込んで、管理画面からアクティベートするだけ。他に何もしなくてもこれだけで自分のブログをiPhone対応にできます。いやホント素晴らしい。

引用元: [WORDPRESS] iPhoneで見た時に最適化してくれる、WPtouchを入れてみた | Webデザイン, CSS, Javascript, Flash, ウェブサービス | mBlog.

と言う記事を偶然見かけたので早速導入してみた。 管理画面=>Plugin=>新規追加でiPhoneで検索すると出てきます。単にインストールして有効化するだけで、かなり快適に見れるようになります。自分のブログを見返したりする事も多いiPhoneユーザーでかつWordPressユーザーは導入して見ると良いかも?

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

3月/09

17

WordCamp Japan

–引用

WordCamp Tokyo 2009

開催日: 2009年4月12日(日)9:30 開場、10:30〜15:45

入場料: 1,000円

会場: 東京都江戸川区・葛西区民館 4F 大ホール

概要: 国内 2 回目の WordCamp Tokyo 2009 では、待望の初来日となる WordPress 創始者 Matt Mullenweg 氏をはじめ、国内の WordPress エキスパート達が講演を行います (講演内容スケジュール)。

お申し込み: お申し込みページをご覧下さい。

企画・運営: WordCamp Tokyo 2009 実行委員会

引用元: WordCamp Japan.

と言う事なので、僕も行くの検討しとくメモー

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

2月/09

19

Magic3インストール障害

ニコ動で働こう | CMS 『Magic3』が動かなかったを見て気付きました。

自称CMSマニアです。
前投稿「日本発のCMS 『Magic3』のマニュアル本」で紹介した『Magic3』を安直に
WindowsPC上に構築可能な統合Webサーバソフト XAMPP と共に
インストールしてみましたが動きませんでした。

大切な事なので二度言います。
Magic3を最新のWindowsのXAMPP(1.70)にインストールしようとするとApacheごと死んでインストール出来ません。
Magic3を最新のWindowsのXAMPP(1.70)にインストールしようとするとApacheごと死んでインストール出来ません。

解説本ではWindowsのXAMPP上にインストールする前提で書いておりますが、本の手順では試せない状況です。申し訳ありません。恐らくは、運用環境としては好ましくないと思いますが、試すだけならばSourceForgeから旧バージョンをダウンロードして試す事は出来ます。

参考
Magic3 Wiki

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

1月/09

27

究極のWordPress Theme


笑っちゃうくらい至れり尽くせりのWordpressテーマ「Atahualpa」

にて拝見。
早速試してみました。

http://wordpress.org/extend/themes/atahualpa

とりあえず、

  • ダウンロード
  • unzip {themeのzip}
  • {wp-root}/wp-content/themes/ にコピー
  • テーマを適用

Theme Options を開くとね。
screenshot1

Σ( ̄▽ ̄)

タブの数見て凹んだ。ここまでやるなら自分でテーマ作るわ!!!!

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

筆者が3日遅れで紹介とか、どんだけノンビリしてるんだと?
と言う分けで発売されました。

目次

Part1 Magic3の概要とインストール
Chapter01 Magic3の概要
Chapter02 インストール前の環境構築
Chapter03 Magic3の入手とインストール

Part2 Magic3を使ってみよう
Chapter04 Magic3の管理画面
Chapter05 ページ・ウィジェットを追加する
Chapter06 ぺージを構築する
Chapter07 ページのデザインを変更する(1)
Chapter08 ページのデザインを変更する(2)
Chapter09 ユーザーを管理する
Chapter10 簡単なページを作ってみよう

Part3 Eコマースサイトを作成する
Chapter11 Eコマースサイトを作ってみよう
Chapter12 Eコマースサイト作成前の準備
Chapter13 Eコマースウィジェット
Chapter14 Eコマースサイトの動作確認
Chapter15 ブログウィジェット

Part4 Wikiウィジェットを用いたサイト
Chapter16 Wikiとは
Chapter17 トップページを作成する
Chapter18 各ページを作成する

Part5 知っておきたい運用テクニック
Chapter19 データベースのバックアップ
Chapter20 定期バックアップを自動化する
Chapter21 サーバー移行

Part6 Magic3リファレンス
Chapter22 組込みウィジェットリファレンス
Chapter23 組込みテンプレート一覧

Appendix FCKeditor操作ガイド

作りとしては、余計な事はなるべく省き、手順書とチュートリアルに徹すると言うことを目指しました。その目的自体は実現出来ていると思います。反面、詳しく知りたいと言う目的の方には物足りないものになっているかも知れません(既にAmazonに書かれているレビューにもありました)。とは言え、Magic3を操作すると言う目的においては網羅できているつもりなのでMagic3を触ってみたいと言う方にとっては(編集の方の甚大なご協力のおかげで)良い入門書になっていると思います。これの先の内容については、折に触れて、このブログで触れていこうと思います。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

1月/09

21

CMS(その6) – Modxの基礎知識

Modx概要

top

本当の意味のCMSですね。本当にコンテンツを管理・公開するための仕組みです。それ以上でも以下でもありません。実に、その目的にひたすら突っ走って、ムチャクチャ高機能です。

用語定義

サイト

このModxで管理しているWebサイトそのものです。

ドキュメント

Modxで管理しているWebページです。

サブドキュメント

ドキュメントですが。親ドキュメントに紐づくドキュメントです。

リソース

ドキュメントを作成するための付帯ファイルやテンプレート等を指します。

テンプレート

基本的にはただのHTMLファイルです。テンプレートエンジンのような複雑なものは使用しませんので、デザイナーさんやコーダーさんが、そのまま作る事が可能です。「テンプレート変数」、「スニペットタグ」、「チャンクタグ」と言う、置換パラメータ(制御構文無し)を使用して、テンプレートを作成します。

チャンク

固定HTMLの部品です。固定的なHTMLをチャンクとして登録しておくとチャンクタグを利用する事で、その部分に登録したタグを吐き出させる事が出来ます。グローバルヘッダの中に固定文言を入れたい場合等に使用します。勿論、固定文言をヘッダのテンプレート内に挿入しても良いのですが、文言だけを変えたい場合などはチャンクを変更するだけで済みます。

スニペット

PHPの部品です。ループや制御が有るような動的なコンテンツをその場に置きたい時に使用します。

プラグイン

良くいうところのプラグインです。説明は省きます(用語定義なのに!!)

階層構造とナビゲーションとサブドキュメント

ドキュメントとサブドキュメントの項でも触れましたが、Modxではドキュメントに階層構造を持つことができます。ナビゲーションの表現としても自動的(サンプルにあるように、そのようなスニペットを作れば)に階層構造を持ったナビゲーションを作成する事が出来ます。

インストール

インストーラ任せです(説明は追記予定)

install1

install2

install3

install4

install5

install6

install7

install8

install9

loginjp

基本操作

下図は、管理画面の左側に位置するドキュメントのエクスプローラです。

x

ここでドキュメントの作成したい位置で右クリックをすると、コンテクストメニューが出ます。

y

ドキュメントの作成を選ぶと、ドキュメントの作成画面が表示されます。

z

aa

項目はむちゃくちゃ多いです。勿論全ての項目を使うとは限りません。これはプラグインにより、項目を絞った編集画面に出来るので、心配無用です。これで項目を設定して保存すると、新たにドキュメントが追加されます。項目の説明とかはまた時間見繕って、ボチボチ追記します。編集の場合も手順は同様です。はじめのコンテキストメニューで、編集を選ぶだけです。他にもユーザー管理・ユーザー権限など、特筆すべき機能が有りますが今回は省きます。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

XOOPS Cube概要

xoops-top

XOOPSとは(eXtensible Object Oritented Portal System)です。拡張可能なオブジェクト指向ポータルシステムと言う事です。つまりは、どう言う事かと言うとオブジェクト指向なクラス構成のPackageを利用することにより拡張が出きるようなPortalサイトを作るためのシステムと言う事です。分からない人は全然分からないですね。プログラマにだけ分かれば良いです。普通の人はプラグインで柔軟に拡張できるポータルサイトを構築するためのシステムだと思えば良いです。ここで取り扱うXOOPS Cubeは、そのXOOPSのバージョン3だと思ってくれればオーケーです。”Cube”にはもうちょっと深い意味がありますが、その辺り知りたい方は公式サイト読んでください。

基本的にXOOPSは会員管理が可能な掲示板システムと言うのが根底に有ります。

XOOPSの基本

未も蓋も無い説明

xoops-template-block

5カラム(左・中央三つ・右)のテンプレートの上に、Y軸の制限の無いマトリックス型にブロックと言う表示要素を配置する事が出来る仕組みがXOOPSです。自分で必要な機能を決めブロックを作成するためのモジュールを組み合わせて、自分の目的のサイトを構築する・・・・と言うのがXOOPSによるサイト構築です(本当は言い過ぎだし、本当は説明としては乱暴過ぎる)

モジュール

機能を追加するためのパッケージです。多くのCMSで言うところのプラグインみたいなものですね。プラグインと言ってしまうには、XOOPSはこれが無ければ何も出来ないので、もっと中核に位置するものです。「パソコンは ソフトが無ければ ただの箱」なんて言う川柳がありますが、XOOPSもモジュールが無ければタダの箱ですね。ここまでの徹底ぶりが実に気持ちの良い仕組みです。

ブロック

XOOPSの概念の描画システムにブロックと言う概念が有ります。おそらく読者はブログCMSに慣れ親しんでいる人が多いと思うので、「ウイジェット」のようなものだと思えば良いでしょう。上で説明したモジュールを使用する事で表示要素のあるモジュールであれば表示要素用のブロックが追加されます。このブロックをテンプレート上に配置する事でXOOPSは機能を無限に増やすことが出来ます。

インストール・基本操作


XOOPS のインストールとか設定とかの覚書

を参照の事

__END__

若干、やっつけ過ぎるので適当に時間見つけて、肉付けしますね。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

No tags

Older posts >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

Tag Cloud