404 motivation not found | t_ishidaのブログ

12月/08

19

Magic3解説本の執筆状況とMagic3について

状況としては第2校正後、「はじめに、本書の構成、著者プロフィール」を入れて、さらに見直して修正依頼を入れたところです。正直なところ時間が取れなかったり、僕の不慣れで、編集の方には非常にご迷惑をおかけしたのではないか?と、思っています。しかし、編集の方のご助力もありまして、やっと終りが見えてきました。

Magic3は、僕の前職の先輩である魚骨氏の開発しているCMSです。「管理画面のデザインが野暮ったい」「機能配置が洗練されていない」など荒削りな部分は多分にあると思います。反面、操作性には非常に気が配られていたりと、やはりバランスが荒削りな訳ですが。しかし、非常に可能性を持ったソフトウェアです。今後の開発で機能配置やデザインなどを洗練する事が出来れば、もっと一般の方にも受け入れられるソフトウェアにもなるのではないかと思っています。

来年は、もっとMagic3に割く時間を増やしてみようと考えています。僕の思うところのMagic3の修正すべき場所としては以下です。この辺りを中心に協力していけたらと思います。

  • 公式サイトのデザイン
  • 管理画面のデザイン
  • 機能配置
  • 体系立てたテスト
  • ナビゲーションページ用ウイジェット
  • 小レベルナビゲーション用ウイジェット
  • デフォルトコンテンツの全文検索用ウイジェット
  • ウイジェットが扱うデータを跨ったコンテンツ検索

僕自身はデザインセンスもWeb情報アーキテクチャもイマイチな人間ですが、もし、その辺りに明るい方が居れば、ご協願えたら・・・と思います。

CMSとしての使い方は解説本で散々書きましたので、そちらの使い方を学びたい方は、本の方をお勧めします。こちらのブログではプログラマ向けのMagic3の使い方について触れていこうと思っています。

参考

プロジェクトのWeb

公式Wiki

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

RSS Feed

コメントはまだありません。

Leave a comment!

<< 情報管理ツールまとめ

Atompubクライアント >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

Tag Cloud