404 motivation not found | t_ishidaのブログ

1月/09

20

CMSの分類

前書き

ブログ時系列的にはMTの話の途中ですがMTの話をあんまり掘り下げているとリアルな時間の都合で終わらなくなってしまいそうなので、ちょっと方針変更することにします。

CMSの種類

CMSと一口に言っても出自や開発の目的により様々な種類のCMSが有ります。当然、種類が異なれば、向き不向きも変わってきます。そこで、ここにではCMSを分類してみようと思います。分類は僕の勝手な分類ですので、フーンって感じで聞いてもらえれば良いです。

ウェブサイトCMS

概要

コンテンツの管理構造とコンテンツに着目したWebサイトを構築・運用・管理する事に特化したCMSです。

Modx

フォーラム型CMS

概要

オープンなユーザー管理を備え、多くの人間から投稿を募る事を目的としたCMSです。マルチユーザーなプロフィール機能、掲示板、ショートメッセージの機能等を備え、ECやSNSを構築するのに向いているCMSです。

XOOPS, Joomla!

ブログ型CMS

概要

ブログ型も何も、紛れもなくブログです。コンテンツの蓄積を主な目的としたCMSです。もちろんブログですので、柔軟なデザインの変更が出来ますし、コンテンツの蓄積が念頭に置かれたCMSであるため簡単にページの追加が出来ます。反面大規模なWebサイトの構築が念頭に置かれている訳ではないので、大規模なWebサイトを構築する場合に管理が難しくなるかも知れません。

WordPress, Moveable Type

Wiki

概要

Wikiです。これを読んでるような人からしたら説明不要だと思います。究極のCMSです。

PukiWiki, YukiWiki

CMSの選び方

上記の特徴を踏まえた上で、どのようにCMSを選ぶのが適切か?と言うと、下記のようになります。勿論、これは机上の空論であり、実際には様々な理由から、必ずしもこのようになるとは限りません。

cms-selector

例えば、上記が不適切になる理由としては、どのCMSもプラグインの存在により、自身が開発された目的を超える事柄を平気でこなせてしまうためです。また、CMSの利用には習熟を要すため溜め込んだノウハウと言うのも有るでしょう。しかし、目的に合ったCMSでサイトを構築する事により、構築コストと運用コストを減らすことが出来るかも知れません。今回の概論では、それぞれのカテゴリから、一つないし、いくつか有名どころを選んで見ていこうと思います。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

RSS Feed

コメントはまだありません。

Leave a comment!

<< CMS(その7) – XOOPS Cube – 基礎知識

CMS(その5) – Moveable Typeの基礎知識その1 >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

Tag Cloud