404 motivation not found | t_ishidaのブログ

1月/08

4

正月分の日記

前置き

あけましておめでとうございます。

正月中何をやっていたのか?

と言うと、本ばっか読んでました。

虚無への供物

虚無への供物〈上〉 (講談社文庫) 虚無への供物〈下〉 (講談社文庫)

概要

Wikipediaより引用。

氷沼家を舞台として繰り広げられる奇妙な殺人事件。その現場に居合わせた主人公たちが推理合戦を交わすが、推理は衒学趣味の様態を呈し、いよいよ混迷へと陥っていく……。
推理小説でありながら推理小説であることを拒否する、反推理小説(アンチ・ミステリ)の傑作としても知られる。
感想

両手離しで面白かった。

読み出したら止まらなくなって、徹夜で読んでしまった。

が、今、何がそんなに面白かった?何が胸に残った?って聞かれると、

「???えーっと・・・」となってしまう。

むしろ、そんなところが一番面白かったところだと思う。

いちばんやさしいPMBOKの本 (技評SE新書 11)

いちばんやさしいPMBOKの本 (技評SE新書)

概要

多分、PMBOKの本物読んでてピンと来ない人向けに咀嚼した本。

感想

ん~。ノーコメント。

オープンソースソフトウェアの本当の使い方

オープンソースソフトウェアの本当の使い方 [技評SE新書] (技評SE新書)

概要

内容を箇条書きにすると、以下のような感じ。

  • オープンソースソフトウェアの利用が広まっている現状
  • どういう現場で、どういうソフトを使っているか?
  • オープンソースのソフトが利用されていない現場・分野とその理由。
  • オープンソースソフトウェアの性能
  • Linuxが発展した理由、オープンソースDBが発展しにくい理由。
  • 結論
感想

非常に今更感のある内容だが、「知ってはいても気にしてない内容」的な感じの話。

故に敢えて読んでみるべきな本とも思う。

が、結論はイラネと思う。

ドラえもんの英語版

ドラえもん Doraemon ― Gadget cat from the future (Volume 2)

概要

ドラえもんの英訳

感想

多分、全部で20巻位出ていると思うんだけど、

読んだのは1,2巻。

読んでみた感想としては・・・

ドラえもんってやっぱりおもしれぇ~。

英語の勉強になるか?って聞かれると・・・・

もっと沢山の巻を繰り返し読むと、勉強になりそうな気がする。

技術文書ばっかり読んでると語彙が偏ってくるし日常表現を使わいから、

その部分を補えると思う。

でも、やっぱり、「ドラえもんおもしれぇ~」ので、勉強とか抜きにして読んでみようって感じで。

さらに日本語で読むよりも新鮮だから是非!!

でも、ちょいとばかり高いのが勿体無い。

Perl Hacks

Perl Hacks: Tips & Tools for Programming, Debugging, And Surviving (Hacks)

Perl Hacks: Tips & Tools for Programming, Debugging, And Surviving (Hacks)

概要

Perlをもっともっと使うための知恵とかノウハウとか。

感想

今まで読んでなかったのが勿体無いってか、ゴメンなさい。

僕はモグリでした。と、謝りたくなる感じの良書でした。

Perler名乗るなら必読。

Share and Enjoy:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Google Bookmarks
  • Tumblr
  • email
  • Facebook
  • FriendFeed

RSS Feed

コメントはまだありません。

Leave a comment!

<< ミュージッククリップ

なんちゃってWebサーバー >>

Find it!

Theme Design by devolux.org

Tag Cloud